展覧会案内 六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展 建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの

六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの


坂 茂《静岡県富士山世界遺産センター》
2017年 静岡 撮影:平井広行



森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)

東京都港区六本木6-10-1
tel.03-5777-8600(ハローダイヤル)
2018年4月25日(水)~2018年9月17日(月・祝)
※会期中無休
10:00〜22:00
※火曜のみ17:00まで
※「六本木アートナイト2018」開催に伴い、5/26(土)は翌朝6:00まで開館延長
※いずれも入館は閉館の30分前まで
観覧料(当日):一般1,800円 学生(高校・大学生)1,200円 子供(4歳—中学生)600円、シニア(65歳以上)1,500円
※リピート割など各種割引あり。詳細は展覧会特設WEBサイト参照
※本展のチケットで展望台 東京シティビューにも入館可(スカイデッキを除く)
※スカイデッキへは別途入場料が必要

特設WEBサイト:http://www.mori.art.museum/

→ チケットプレゼント *受付は終了しました

いま、世界が日本の建築に注目している。丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など多くの日本人建築家たちが国際的に高い評価を得ているのは、古代からの豊かな伝統を礎とした日本の現代建築が、他に類を見ない独創的な発想と表現を内包しているからだと言えるだろう。

日本は、明治維新からの150年間、大いなる建築の実験場だった。幾多の実践のなかで、日本の成熟した木造文化はいかに進化したのだろうか。日々の暮らしや自然観といった目に見えないものの変遷も、日本の建築を捉える上で重要な要素となるはずだ。

本展は、いま、日本の建築を読み解く鍵と考えられる9つの特質で章を編成し、機能主義の近代建築では見過ごされながらも、古代から現代までその底流に脈々と潜む遺伝子を考察する。

貴重な建築資料や模型から体験型インスタレーションまで100プロジェクト、400点を超える多彩な展示によって、日本の建築に迫る試みだ。

千利休作と伝えられ、現存する最古の茶室建築である国宝《待庵》の原寸再現や、丹下健三の《自邸》を1/3スケールで再現した巨大模型、ライゾマティクス・アーキテクチャーによる日本建築のスケールを最新の3D技術で再現した新作映像インスタレーションに加え、貴重な建築資料や模型など多彩な展示によって、日本建築の過去、現在、未来を照らし出してゆく。