展覧会案内特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

特別展

「顔真卿 王羲之を超えた名筆」


祭姪文稿(部分) 顔真卿 筆 唐時代・乾元元年(758)
台北 國立故宮博物院蔵


東京国立博物館 平成館

東京都台東区上野公園13-9
tel.03-5777-8600(ハローダイヤル)
2019年1月16日(水)~2019年2月24日(日)
※月曜休館。2/11(月・祝)は開館、翌12(火)は休館
9:30~17:00
※金・土曜は21:00まで
※いずれも入館は閉館の30分前まで
観覧料(当日):一般1,600円 大学生1,200円 高校生900円
※早割2枚セット券、前売・団体割引等あり

展覧会公式サイト:https://ganshinkei.jp/

→ チケットプレゼント

中国の歴史上、東晋時代と唐時代は書法が最高潮に到達した。書聖・王羲之が活躍した東晋時代に続いて、唐時代には虞世南、欧陽詢、褚遂良ら初唐の三大家が楷書の典型を完成させた。そして顔真卿は三大家の伝統を継承しながら、顔法と称される特異な筆法を創出した。王羲之や初唐の三大家とは異なる美意識のもとにつちかわれた顔真卿の書は、後世にきわめて大きな影響を与えた。

本展は、書の普遍的な美しさを法則化した唐時代に焦点をあて、国内外の名品を通して、顔真卿の人物や書の本質に迫る試み。出展となる顔真卿の肉筆の名宝「祭姪文稿」は、顔真卿が安史の乱で戦死した従兄の子を悼み書いた文章の草稿で、日本初公開となるが、悲痛と義憤の感情がほとばしるような筆跡が特徴的だ。また、同時代の僧、懐素の最高傑作「自叙帖」も同じく日本初公開となるが、僧である懐素が酒を飲んで自己を解放し、狂おしい草書で胸懐を吐露したダイナミックな書だ。

ほかにも、虞世南、欧陽詢、褚遂良の代表作など、唐代に完成した楷書の美しさを作品を通して紹介。唐時代の書が後世や日本に与えた影響にも目を向け、唐時代の書の果たした役割を検証する。