展覧会案内特別展「縄文—1万年の美の鼓動」

特別展

「縄文—1万年の美の鼓動」


国宝《火焔型土器(かえんがたどき)》
新潟県十日町市 笹山遺跡出土
新潟・十日町市蔵(十日町市博物館保管)
写真:小川忠博





東京国立博物館 平成館

東京都台東区上野公園13-9
tel.03-5777-8600(ハローダイヤル)
2018年7月3日(火)〜2018年9月2日(日)
※月曜と7/17(火)休館。ただし7/16(月・祝)、8/13(月)は開館
9:30~17:00
※金曜・土曜は21:00まで
※日曜および7/16(月・祝)は18:00まで
※いずれも入館は閉館の30分前まで
観覧料(当日):一般1,600円 大学生1,200円 高校生900円
※早割2枚セット券2,200円(〜4/2までの期間限定販売)
※前売・団体割引あり

特設WEBサイト:http://jomon-kodo.jp/

→ チケットプレゼント *受付は終了しました

今から約1万3000年前、氷期が終わりに近づいて温暖化が進み、入り江や干潟が生まれ、現在の日本列島の景観が整った。この頃に日本では土器作りが始まる。縄文時代の幕開けだ。当時の人びとは、自然環境を生かして狩猟や漁撈、採集による生活を営んでいた。彼らが日々の暮らしのなかで作り出した、土器や石器、土偶や装身具などのさまざまな道具は、力強さと神秘的な魅力にあふれている。

本展では「縄文の美」をテーマに、縄文時代草創期から晩期まで、日本列島各地で育まれた優品を一堂に集め、その形に込められた人びとの技や思いに迫っていくという内容だ。縄文人が生きぬくために生み出した簡素ながらも力強い形、自然への感謝や命への敬いの中で作り出された神秘的な造形は、時を経た現代でも見る者を惹きつけてやまない魅力に満ちている。

躍動感あふれる《火焰型土器》やユニークな姿形をした《遮光器土偶》は、縄文時代の造形美を象徴するものとして広く知られているが、1万年続いた縄文時代には、まだまだ知られていない多彩な造形が数多く存在する。

会場には国宝・重要文化財も数多く集まり、国宝にいたっては縄文時代の国宝全6件が一堂に紹介されるというから見逃せない(7/31〜9/2)。

1950年代に岡本太郎らによって美術的価値が見出された「縄文」。その1万年にわたる壮大な「美のうねり」に身を任せてみてはいかがだろうか。

boston2017