展覧会案内 没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―

没後50年 河井寬次郎展

―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―


《三色打薬双頭扁壺》 1961年頃 個人蔵
撮影:白石和弘



パナソニック 汐留ミュージアム

東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック 東京汐留ビル4階
tel.03-5777-8600(ハローダイヤル)
2018年7月7日(土)~2018年9月16日(日)
※水曜・8/13〜 15休館
10:00〜18:00
※入館は閉館の30分前まで
入館料:一般1000円 65歳以上900円 大学生700円 中・高校生500円
小学生以下無料
※団体割引等あり

→ チケットプレゼント

近代陶芸や民藝運動で知られる河井寬次郎の没後50年を記念して、大回顧展が開催される。

明治23年、島根県安来市に生まれた河井寬次郎は、明治43年に松江中学を卒業後、東京高等工業学校(現・東京工業大学)窯業科に入学し、同校で後輩の濱田庄司と出会い、生涯の友人となった。

卒業後は京都市立陶磁器試験場で技手として研さんを積み、大正9年、京都市五条坂の清水六兵衞の窯を譲り受け、工房と住居を構えた。「天才は彗星のごとく現る」と絶賛を浴びた初個展以来、高度な技術を駆使した中国や朝鮮古陶磁の手法に基づいた作品が好評を博したが、次第に自らの作陶の在り方に疑問を抱き、大正13年、濱田庄司を介して柳宗悦と親交を結ぶと、それまでの作風を一変し、実用を重んじた力強い作品を生み出していった。その後、柳や濱田と民藝運動を推進し、昭和11年に「日本民藝館」が開館されると理事に就任。戦後は、色鮮やかな釉薬を用いた重厚で変化に富んだ独自の作風を確立する一方、実用にとらわれない、自らの内面から湧き出る自由で独創的な造形表現を展開し、その卓越した芸術性は、没後50年を超えてなお、国内外で高い評価を受けている。

本展では、京都の旧宅であった河井寬次郎記念館所蔵作品を中心に、本邦初公開となる山口大学所蔵作品などの陶芸や木彫、書、調度類などを紹介し、寬次郎の仕事の全貌と深い精神世界を辿る。さらにパナソニックの創業者、松下幸之助が求めた寬次郎作品の他、幸之助が寬次郎に文化勲章を推薦した際に寬次郎に贈った当時の最新トランジスタラジオ「パナペット(R-8)」の同型品も特別出品される。