展覧会案内特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」

特別展

「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」


仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

東京国立博物館 平成館

東京都台東区上野公園13-9
tel.03-5777-8600(ハローダイヤル)
2019年3月26日(火)~2019年6月2日(日)
※月曜・5/7(火)休館。ただし4/1(月)は東寺展会場のみ開館、29(月・祝)、5/6(月・祝)は開館
9:30~17:00
※金・土曜は21:00まで
※いずれも入館は閉館の30分前まで
観覧料(当日):一般1,600円 大学生1,200円 高校生900円
※フィギュアセット前売券(限定1000枚)、早割チケット、前売・団体割引等あり

展覧会公式サイト:https://toji2019.jp

→ チケットプレゼント

東寺は、平安京遷都に伴って、王城鎮護の官寺として西寺とともに建立された。唐で新しい仏教である密教を学んで帰国した弘法大師空海は、823年に嵯峨天皇より東寺を賜り、真言密教の根本道場とした。

空海のもたらした密教の造形物は、美術品としても極めて高い質を誇り、その多彩さや豊かさは、わが国の仏教美術の中で群を抜いている。

本展は、空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介するもの。空海が密教の真髄を目に見えるかたちで表した、東寺講堂の21体の仏像からなる立体曼荼羅のうち、史上最多となる国宝11体、重文4体、合計15体が出品されるほか、彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会する。

また、空海によって始められた鎮護国家の法会である、真言宗で最重要の秘密の儀式「後七日御修法(ごしちにちみしほ)」の道場の様子を、現在も使われている国宝「密教法具」や重要文化財「金銅舎利塔」などの寺宝とともに再現。儀式に用いられた国宝「十二天像」、国宝「五大尊像」は全幅が公開される(展示替えあり)。

「曼荼羅のお寺」といわれるほど、数多くの曼荼羅を所蔵する東寺の、現存最古の彩色両界曼荼羅である国宝「西院曼荼羅(伝真言院曼荼羅)」をはじめ、長さ約5メートルにおよぶ国内でも最大級の「甲本」「元禄本」と「敷曼荼羅」の4件を含む、多数の貴重な曼荼羅が公開されることも特筆すべきであろう。

2023年には、真言宗が立教開宗されて1200年の節目を迎える。本展は、東寺が1200年にわたり、空海の教えとともに守り伝えてきた至宝が堪能できる、大変貴重な機会となる。