Amazon.co.jp ウィジェット

Home映画評論人文映画のウトピア

映画のウトピア
PREVIEW

判型 : 四六判 上製
頁数 : 432頁
定価 : 本体2,300円+税
発刊 : 2013年12月10日
ISBN : 978-4-87586-375-5 C0074



本を購入する amazon


映画のウトピア

粉川哲夫・著

映画にこもり、映画をこえる!

ときに「1日に3本」という苦行も厭わず映画へ没入し、批評活動を続けてきた著者。執拗なまでに映画を見続けることで、現実世界への認識を確かなものにしていく──。
所詮「虚」であるはずの映画によって「実」が覚醒していくという逆転。批評は、だれもが同じように見ているはずの現実世界を、歪んだかたちで突きつけてくる。
はたして、おかしいのは世界(映画)なのか、批評(著者)なのか?
いつしか読者の世界認識の矯正を強制してくる七十余編。映画批評の枠には収めようもない1冊となった。
宇川直宏氏、帯推薦。
【目次】
◉映画亡命者の日記
◉アメリカ映画の主流と支流
アメリカの身勝手
競争主義
歴史と騙り
ヴァーチャルなアメリカ
五〇年代のマイノリティ
ワスプとねずみ
〝楽園〞以後
ある家族形態の終わり
〝ヤッピー〞のいた時代
ニーチェと復讐
父親の〝復権〞
メインストリームの変貌
二〇〇〇年の転機
政治〝劇場〞の現在
劇場時代のモンスター
恐怖のパラノイア
孤独から〝内なる〞融和へ
クラッシュからタッチへ
ひきこもりの時代
メディアの孤島
露出のなかの自己防御
◉シネマ・シガレッタ
タバコの検閲
ファイト・クラブ
紫煙のリアリティ
ニューカッスル
喫煙のサイン
ソー・ライフ
シガレット・コーディネーター
シガレット・ガール
手のなかの生と死
ジョージ・クルーニーの政治
〝自然な〞喫煙
◉映画的記憶の再配置
東欧の諸記憶
〝素顔〞のウディ・アレン
「この街が好きだ。ロスはガキ向きでつまらない。」
「俺は最悪に輝いている」
リトル・オデッサ
演劇がラディカルであったころ
〝わかりやすい〞過激さの必要
クールなノリだぜ
アンダーグラウンド・ラディカルズ
〝造反無理〞の時代へ
映画の〝罠〞の悦び
〝魔女〞のカメラを死守する
ポスト・ヒューマン・ボディ
あなたのなかの異星人
〝ウソっぽさ〞のかぎりなき面白さ
ネットと生身のあいだで
トモロウ・ワールド
「マルチチュード」の顔
◉孤独者のテレパシー
逃げることのいま
ベルリンのいま
壁の〝安楽死〞と癒し
脱属領化の終わりのあとは?
皮膚の境界線の先へ
時計時間の地平で
鉄道の規律と支配
モンドの不在は世界の不在
世紀末のアイロニー
ある「女」の物語
「イフ・ストーリー」の活用
帰郷のない時代へ
◉一期一会
リドリー・スコット
スタンリー・キューブリック
スティーヴン・スピルバーグ
ロバート・アルトマン
スティーヴン・ソダーバーグ
ピーター・ウィアー
ドゥシャン・マカヴェイエフ
フレディ・M・ムーラー
ジャン=リュック・ゴダール
マドンナ
※読書ガイド[渡部幻・作]、索引つき
【プロフィール】
粉川哲夫(こがわ・てつお)
1941年東京生まれ。メディア批評家。上智大学、早稲田大学で現代哲学を学ぶ。80年代に小さなFM送信機を用いた「自由ラジオ」を提唱。84年ごろから電子メディアによるパフォーマンス活動を開始。和光大学、武蔵野美術大学、東京経済大学でユニークな教育実験も行なった。著書には、『メディアの牢獄』、『ニューヨーク街路劇場』、『ニューヨーク情報環境論』、『情報資本主義批判』、『電子人間の未来』、『カフカと情報化社会』、『国際化のゆらぎのなかで』、『シネマ・ポリティカ』、『もしインターネットが世界を変えるとしたら』など多数。映画批評は、『キネマ旬報』、自主サイト「シネマノート」(http://cinemanote.jp)に定期的に執筆中。

ジャンル別

検索