Home実用終の棲

終の棲
PREVIEW

判型 : 四六判並製
頁数 : 272頁
定価 : 1,760円
発刊 : 2021年3月12日
ISBN : 978-4-87586-615-2



本を購入する amazon


終の棲

北沢美代・著

「わたしは、人生の終末に、なぜ家族の介護より、
有料介護老人ホームでの最後を選んだか。」


自分の老後を考えはじめた時、私は家族の介護ではなく老人ホームを選んでいた。それで、取り寄せたカタログを読み、見学し、説明を受け、自分で決めて入所した。

「社会性を持った大きな家族」これはホーム長から聞いた言葉だ。「みんなで頑張れ!」これは九十歳に近いおばあちゃまから聞いた言葉だ。「(介護を)かっこいい」これは新人スタッフから聞い た言葉だ。「人それぞれ、その人らしさに寄り添う 介護、その理念がボクは好きだったんです」これ は今朝廊下を小走りしていたスタッフの言葉だ。 これらの言葉、思いがスタッフと入居者の「ホー ムの生活」に具現化していった、そう確信して、願っている。

ジャンル別

検索