「懐かしのわが屋」と筆者は名付けた