高橋美江 絵地図師・散歩屋
橋爪紳也 瀬戸内海モダニズム周遊
山本タカト 山羊のいる庭で
大森さわこ ミニシアター再訪
外山
もぐら庵の一期一印
坂崎重盛 粋人粋筆探訪
外山滋比古 人間距離の美学
窪島誠一郎「ある若い画家への手紙」−信州の二つの美術館から−
新刊・旧刊「絵のある」岩波文庫を楽しむ 文・坂崎重盛
NEWS 新着情報 2013/11/15

『瀬戸内海モダニズム周遊』第59回をUPしました(11/15)
『瀬戸内海モダニズム周遊』第58回をUPしました(11/1)
外山滋比古『エスカレーター型人間』第17回をUPしました(11/1)
『瀬戸内海モダニズム周遊』第57回をUPしました(10/15)
外山滋比古『エスカレーター型人間』第17回をUPしました(10/15)
『瀬戸内海モダニズム周遊』第56回をUPしました(10/1)
外山滋比古『エスカレーター型人間』第16回をUPしました(9/15)
外山滋比古『エスカレーター型人間』第15回をUPしました(9/2)
『瀬戸内海モダニズム周遊』第54回をUPしました(8/30)
外山滋比古『エスカレーター型人間』第14回をUPしました(8/15)
『瀬戸内海モダニズム周遊』第53回をUPしました(8/15)
『瀬戸内海モダニズム周遊』第52回をUPしました(8/1)
外山滋比古『エスカレーター型人間』第13回をUPしました(8/1)

コンテンツ
相馬俊樹 Art ezoterique

現代アートに「秘教的」要素のかけらを探っていく。

外山滋比古 エスカレーター型人間
『思考の整理学』や『日本語の作法』などで知られる外山滋比古氏が語る“エスカレーター型人間”とは。  
 
大森さわこ ミニシアター再訪
劇場で映画を観ることとは何か。80・90年代を中心としたミニシアターの興亡を関係者の証言とともに、見通していく。
山本タカト 山羊のいる庭で
スペース
スペース 耽美的な透明感あるエロティシズムに満ちた作品を描く「現代の浮世絵 師」山本タカト。彼の眼差しが切りとった日々のうつろい。
スペース
スペース
橋爪紳也 瀬戸内モダニズム周遊
大正・昭和初期に発行されたビジュアル資料を紹介しつつ、瀬戸内海地域の生活文化と文化的景観について、論を展開する。
彫刻家 大森暁生 Please do disturb
スペース
スペース 具象的な表現から、観る者を非現実の世界へと誘う彫刻家・大森暁生。作品の印象とはひと味違った、彼の“素”の日常を綴った制作日記。
かば スペース
スペース
高橋美江  絵地図師・散歩屋
image
image 絵地図を描き、プロの散歩屋でもある美江さんの目線で眺めると、何気ない街の風景が色鮮やかに、いきいきと呼吸しはじめます。あなたの身近な風景も生まれ変わるかも? image image
image
岡村桂三郎のひとりごと
日本画家・岡村桂三郎が、教鞭をとる多摩美術大学での出来事や、日常の日々を思いつくままにつづります。
岡村桂三郎
'Round About
image
image 面白い仕事をしているのは誰?その活動ってどんな事?アーティストを中心としてその周辺までも視野に入れた幅広い人選で、やさしく、やわらかにインタビュー。

第72回…中堀慎治
'Round About image
image
 
image
image

 

  image
image
日比野 実 京都de書!
image
image 日比野実が京都での日々を、書家ならではの視線できりとる。 image
image
もぐら庵の一期一印
小社より『もぐら庵の遊印三昧』を刊行されたもぐら庵さん。印を彫る日々についてのエッセイのほか、盛りだくさんな内容のコーナーです。
image
完了したコンテンツ
外山滋比古「人間の方則」
image
image 『思考の整理学』や『日本語の作法』などで知られる外山滋比古氏が、“人間の方則”について語る。 image
image
坂崎重盛 粋人粋筆探訪
image
image

町歩きと本を愛する編集者・随文家である坂崎氏が、「粋人粋筆」を訪ね紹介する。“粋人”である氏によって現される、粋な世界。

image
image
山本タカト 幻色のぞき窓
image
image 耽美的な透明感あるエロティシズムに満ちた作品を描く「現代の浮世絵 師」山本タカト。彼の眼差しが切りとった日々のうつろい。 image
image
窪島誠一郎「ある若い画家への手紙」
image
image

作家が運営する長野の美術館で巻き起こる物語。民間で美術館を経営することに必要なこととは。運営管理に必要な課題とは。

image
image
壁画家松井エイコ 壁画の道を歩みつづける
image
image 松井エイコが壁画家としての歩みの中で、追い求めてきたこと、出会ったこと、発見したことをつづる。 09 image
image
坂崎重盛「絵のある」岩波文庫を楽しむ
町歩きと本を愛する編集者・随文家であり、文庫本挿画研究の第一人者でもある坂崎氏が紹介する「絵のある」岩波文庫の世界。
山田実穂 かばづくりの日記
image
image かばの彫刻を専門的につくっている、“かば製造業”山田実穂。若手作家である彼女が、かばをつくる日々を記します。 かば image
image
文人閑居して文字に遊ぶ
image
image

雑学者の綿貫明恆が、文字に関する様々なトリビアをお話する。

image image
image

文字のいずまい
image
image デザインジャーナリストの臼田捷治が、書と文字のまわりの、社会的な事象を随時取り上げます。 文字のいずまい image
image
見ごろ聞きごろスーパーショット!!
image
image

今もっとも旬な人びとに意味のあるようなないような(笑)の多いインタビューをしていきます。

第5回目…横山大観 さん(現代彫刻家)

image
image


© Copyright Geijutsu Shinbunsha.All rights reserved.