墨

墨
  • 2004 11・12月号
  • 171号

判型 : B4変形判 並製
頁数 : 232頁
定価 : 本体2,238円+税
発刊 : 2004年11月1日 

本を購入する amazon

nenko


特集
  • 愛蔵版 篆刻ファンに贈る「眼福」の一冊
  • 私の愛用・愛蔵印
篆刻は、「天(篆)」を「刻」ることだといった人がいる。優れた刻印の印面には、人を惹きつけてやまない、底知れぬ魔力があるともいう。本特集では印を愛用、または愛蔵する側にスポットをあて、虜となった愛好者たちの秘蔵品とともに、その力に触発されて、自らの創造の手がかりを見つけた書家、篆刻家らのエピソードも大公開。“方寸の宇宙”に一度価値を見出した人は、もう無関心でいられなくなるだろう。「眼福の一冊」をここにお届けする。
  • 印癖人伝
    富岡鉄斎 文/野中吟雪
    会津八一 文/中野 遵
    橋本関雪 文/水野 恵
  • 鑑賞1
    一千顆の蒐集 ―市島春城コレクション―
  • 鑑賞2
    書家の愛蔵・愛用印
    宇野雪村 文/玉村霽山
    手島右卿 文/高澤翠雲
    川村驥山 文/川村龍洲
    小坂奇石 文/江口大象
    西川 寧 文/田中東竹
  • コラム
    相澤春洋先生刻印 文/北川博邦
    殿村藍田の自用印 文/鈴木瑞之
  • 歴史
    印癖の諸相 文/北川博邦
  • 書と印
    現代書家8人 書作品に生かす印
    恩地春洋/貞政少登/杭迫柏樹
    江口大象/桑田三舟/米本一幸
    吉田成堂/鈴木まつ子
  • 海外トピックス1
    台湾の巨星 呉 平
    杉雨先生と堪白先生 文/谷村雋堂
    台湾交友録 文/原田歴鄭
  • 海外トピックス2
    孤高の天才「印鈕」作家 廖徳良
  • インタビュー
    篆刻蒐集事情 遠藤 彊
  • スポット
    印材鑑賞と煎茶の世界 文/西嶋慎一
  • インフォメーション
    山田正平展 ―文人に愛された文人篆刻家―
  • 資料室
    役に立つ 特集関連情報
酉年の年賀状
  • 酉年生まれの書家の年賀状2005
  • 干支印コレクション
  • プリントゴッコjetを使って年賀状を作ろう
  • 集字帖
  • 酉年のもぐら庵
    • 新「現代の書」の検証 森田竹華 文/田宮文平
    • 灌頂暦名を科学検証する 文/表 立雲
    • 筆跡は語る[最終回]「烏丸光広の書」 文/魚住和晃
    • 早わかり 中国書法史 「明」 監修/赤井清美
    • 文字のいずまい 文/臼田捷治
    • 常識と非常識の間で 文/堀 久夫
    • ギャラリー「上林農官」漢セン

      ※日本の書文化は、筆者都合によりしばらく休載いたします。
    • スペシャルインタビュー
      日本芸術院賞・恩賜賞受賞記念 新井光風
    • スポット
      金子鴎亭 与 現代書法北京展
      東京国立博物館リニューアル
    • 書論の広場
      激変の最中にある中国篆刻界 文/晋 鴎
    • 読者参加企画
      [作品募集]
      《模刻講座》
      「初級者編・趙之謙/上級者編・呉昌碩 講師/柳 濤雪
      [結果発表]
      曹全碑 講師/関 吾心
  • プレビュー
  • 話題の展覧会
  • 話題の書道展より