Home文芸「絵のある」岩波文庫への招待

「絵のある」岩波文庫への招待

判型 : 四六判 上製
頁数 : 368頁
定価 : 本体2,600円+税
発刊 : 2011年2月9日発売
ISBN : 978-4-87586-294-9 C0071





名著再会

「絵のある」岩波文庫への招待

坂崎重盛・著


楽しきかな!

挿し絵にひかれて文庫めぐり
名著・名作の宝庫、岩波文庫は
実は「傑作挿し絵」のWonderlandだった


あった、あった!
あの古典、この名著にもこんな素敵な挿し絵が添えられている。
古今東西名作の新しい楽しみ方。
挿画のある文庫120冊以上、図版270点以上を紹介!

本書で紹介している「絵のある」岩波文庫〈挿し絵〉
『カフカ寓話集』〈カフカ〉、『蓼喰う虫』〈小出楢重〉  
『幼少時代』〈鏑木清方〉、『随筆集 明治の東京』〈鏑木清方〉  
『博物誌』〈ロートレック〉、『ダフニスとクロエー』〈ボナール〉  
『柿の種』〈寺田寅彦〉、『新編 百花譜百選』〈木下杢太郎〉  
『ナンセンスの絵本』〈リア〉、『にんじん』〈ヴァロトン〉  
『鈴木三重吉童話集』〈深沢省三・鈴木淳〉  
『新美南吉童話集』〈谷中安規・棟方志功〉  
『脂肪の塊』〈ファルケ〉、『仰臥漫録』〈正岡子規〉  
『東綺譚』〈木村荘八〉、『新編 東京繁昌記』〈木村荘八〉  
『ブレイク詩集』〈ブレイク〉、『岡本一平漫画漫文集』〈岡本一平〉  
『地底旅行』〈リウー〉、『サロメ』〈ビアズレ―〉  
『ほらふき男爵の冒険』〈ドレー〉、『レ・ミゼラブル』〈バヤールほか〉  
『アルプス登攀記』〈ウインパー〉、『白鯨』〈ケント〉  
『ハックルベリー・フィンの冒険』〈アメリカ版初版より〉 
『多情多恨』〈武内桂舟ほか〉  
『ワーグマン日本素描集』〈ワーグマン〉 
『ビゴー日本素描集』〈ビゴー〉  
『日本風景論』〈樋畑雪湖・海老名明四〉、『利根川図志』〈王蘭齋貞秀ほか〉etc.
掲載情報
  • 目黒考二さんのブログ(2011/3/8)で本書をご紹介いただきました!
  • サンデー毎日(3/27号)の「サンデーらいぶらりぃ」(南伸坊さんの読書の部屋)で本書をご紹介いただきました!
  • 日刊ゲンダイ(3/28)に、本書をご紹介いただきました!
  • 新文化(第2879号)で、あゆみBOOKS各店での岩波書店・芸術新聞社の合同フェアを取り上げていただきました。現在もフェアは開催中です!
  • 婦人画報(2011年5月号 4/1発売号)で、丸善丸の内書店の横山みどりさんに本書をご紹介いただきました!
  • 東京人(2011年5月号 4/2発売号)で、本書をご紹介いただきました!
  • 読売新聞(4/3)で、本書をご紹介いただきました!
  • 朝日新聞(4/10)で、国文学者の田中貴子さんに本書をご紹介いただきました!
  • NHK BS 週刊ブックレビュー(4/23)にて、ノンフィクション作家の千葉望さんに本書をご紹介いただきました!(*再放送は4/25・29にされます。)
  • 週刊ポスト(4/29号 4/18発売号)にて、嵐山光三郎さんに本書をご紹介いただきました!
【プロフィール】
坂崎重盛(さかざき・しげもり)
東京生まれ。千葉大学造園学科で造園学と風景計画を専攻。卒業後、横浜市計画局に勤務。退職後、編集者、随文家に。著書に、『超隠居術』、『蒐集する猿』、『東京本遊覧記』『東京読書』、『「秘めごと」礼賛』、『一葉からはじめる東京町歩き』、『TOKYO老舗・古町・お忍び散歩』、『東京下町おもかげ散歩』、『東京煮込み横丁評判記』、『神保町「二階世界」巡リ及ビ其ノ他』および弊社より刊行の『「絵のある」岩波文庫への招待』などがあるが、これらすべて、町歩きと本(もちろん古本も)集めの日々の結実である。

ジャンル別

検索